no way

1993/4/20 OPEN

「no way」とは日本語で「まさか」「ありえない」という意味を持つ
当時、たまたまテレビで流れた言葉にピンときて、
そのまま店名にしてしまう自由気ままな雑貨屋である
店の名としてはおかしいかもしれないが今でも気に入っている

自由だけれど、こだわりのある店内には、
カントリー雑貨、古材や再生材を使った温もりのある手作りの作品、
オーダーに応じて彫刻を施すグラスetc

ほのかに木の香りが漂う空間でお気に入りを探してみるのはいかがでしょう